モナーキー|リボンレイ (キャロル先生)|リボンレイ 教室 東京

Monarchy モナーキー|Bloomin リボンレイ 作品紹介|ステッチング

 

Aloha!
東京・北品川 御殿山 高輪 白金 大崎 目黒 大井町エリア 大人のリボンレイ教室Bloominです。

 

リボンレイ 作品をご紹介します。

 

 

リボンレイ 『Monarchy モナーキー』は、どんな作品?

*ステッチング

monarchy

モナーキー
(キャロル先生デザイン)

*designed by Carole Mito

 

『Monarchy モナーキー』は、キャロル先生デザインです。

2019年5月のキャロルミト先生マザーズデーワークの課題作品の一つです。

ハワイ王国(君主制)時代のフェザーレイを表現したリボンレイ です。リックラックリボンを使って作ります。
ていねいにステッチすることで、美しいラインが生まれます。

 

ワークでは、「イエローゴールド」または「アイボリー」の2色のキットが用意されました。

 

 

 

『Monarchy モナーキー』って?

Monarchy モナーキーは君主政治、君主制、君主国という意味です。

 

フェザーレイについて

ここで疑問が浮かび、フェザーレイについて調べてみました。

ハワイ王国では王しか身につけられなかった、鳥の羽で作られた赤と黄のケープやマント、ヘルメットがあります。これはハワイ固有のマモという鳥の羽を使っていました。現在でも貴重な逸品となっています。マモの体の羽はほぼ黒ですが、ある一部が黄色い深みのあるゴールドであり、貴重なゴールドの羽ということになります。当時から鳥は殺さずに、毛が生え替わる時期を見極め、仕掛けをして羽を集めました。使われた鳥の羽の色には、採取が一番困難な黄色の羽、ポリネシアでは高貴な色である赤、白や黒などが使われました。それぞれの羽の色は、ハワイ固有の鳥から取られていました。

ハワイ州観光色プログラムより引用

鳥を殺すことなく、生え変わる時期をみて、たくさんの羽を羽を集めて作る精神は、素晴らしいですね。

 

 

リボンレイ の道具

この作品を作るために使用する道具は、以下の通りです。
レッスンの時に、ご持参くださいね。

♡ この作品に使用するリボンレイ の道具 ♡
1.縫い針   短めがオススメ
2.丈夫な糸(ナイロン100%)
3.手芸用はさみ
4.クロスピン(木製ピンチ)
5.インチメジャー
6.ほつれ止め液
7.両面テープ
8.イージービーダー

<道具以外に必要なもの>は、こちらです。
①筆記用具
②ノート(メモ帳)
③作品を持ち帰るための袋
④メガネ・拡大鏡
⑤糸通し など個人的に必要なもの

 

Mahalo!

 

大人のリボンレイ教室 Bloomin
~Hawaiian Ribbon Lei ~

 

           

レッスン内容

 

ディプロマ取得コース

 

インストラクターになりたい方

 

ご予約・お問い合せ専用フォーム

 

[ モナーキー|リボンレイ (キャロル先生)|リボンレイ 教室 ... ]♡リボンレイ, , 2019/07/18 16:53