「本物みたい」と海外の方にも言われたリボンレイができるまで

Bloomin *リボン日記*

 

Aloha!
東京・北品川 御殿山 高輪 白金 大崎 目黒 大井町エリア 大人のリボンレイ教室Bloominです。

リボンレイが「本物みたい」と海外の方にも言われました

インスタグラムに投稿した写真に、海外のリボンレイアーティストの方からコメントをいただきました。

Amazing how it looks like real flowers! You are a true talent. So beautiful.

なんて書いてくれたんだろう?
早速、翻訳システムに訳してもらいました。

『本物のお花のような仕上がりに驚き あなたは真の才能の持ち主です。とても美しいです。』

な、なんと?
そ、そんなこと言っていただけて。。。なんと言ったらいいいのやら。。。

顔見知りの方の感想はたっぷりのお世辞が入っていそうですが、見ず知らずの方は、なんのしがらみもないので率直な感想かしら?

反して、顔が見えないことをいいことに、対面だったらしないようなひどい対応をされる方がいることも同時に記載しておきたいです。

話が逸れてしまいましたが、嬉しいコメントや反応をいただくと、とても励みになります。

↑この投稿の内容は、写真とは全く関係ないので無視してください。

 

 

オリジナルのリボンレイの作り方

2021年、東京は約7〜8ヵ月間、緊急事態宣言が発出されていて、ずっと家で過ごす時間となりました。

ディプロマ取得コースの生徒さんのレッスンが止めることなくオンラインでもレッスンが受けられるようにと、2日間でZoomについて勉強をし、すぐにZoomオンラインレッスンを開始しました。

それにしても、おうち時間が長い。
この時間を有効的に活用しなくっちゃ。
「自分の思うまま、私のリボンレイを作ってみよう」とオリジナルのリボンレイ作りを始めてみました。

コーラルシャトースプリング

 

1つのリボンレイを作るのには、とても時間がかかります。

 

オリジナル作品を作るはじめてさんから、「オリジナルって、どうやって考えるのですか?」とよく聞かれます。

どのように作っているのか、大きな流れをまとめてみます。

1.構想する

まず、作品をイメージする!

色合いをどうする? とか 何のお花にするとか? です。

「赤いリボンレイを作りたい」とか「紫がいい」とか、色から作りたくなったりしますよね?
色から受けるイメージが大きいので、大体の方は色から決めることが多いと思います。

「プルメリアが作りたい」とか「バラが好き」と、作りたいお花を決めてスタートするのも考えやすいと思います。

 

<例1>
「青いリボンレイを作りたい」と思い、青いお花を探しました。
デルフィニウムを見つけ、これをモチーフにスタートしました。

 

<例2>
「黒いお花のリボンレイを作りたい」と思い、黒チューリップをパーツの1つと決めました。

 

そこから出来上がったリボンレイがこの2本です。

左:デルフィニウム
右:ブラキッシュフラワーレイ
(Bloominデザイン)

 

 

 

2.なんとなく作ってみる

バラつぼみのレイ
(Bloominデザイン)

 

パーツを入れたリボンレイを作りたい場合、そばにあるリボンでパーツサンプルを作ってみます。

実際に自分が作りたいリボンがある場合は、そのリボンでサンプルを作ります。
材料が手元にない場合は、色が違っていてもいいので、サイズが同じリボンを使って、とりあえず手を動かして作ってみます。

実際に作ってみると「あれ〜っ」😨
頭で考えているように仕上がらないこともあるからです。

パーツ作り→修正→パーツ作り、のくり返し。
あれこれやっているうちに、新しい発見が生まれることもあります。

 

はじめてさんは、「ディプロマ取得コース」で習った基本の、リボンの長さを変えてパーツにしてみたり、リボンの種類を変えてみたりして、基本の組み合わせをしてみるところから考えるといいと思います。
そして1set作ってみる!

 

まずは手を動かしてやってみる!!
これが大事。

 

 

3.材料を考える、材料を算出する

同じ作り方で作っても、使うリボンによってイメージが変わります。

どのリボンで作るのが自分の作りたいものに合うのか、色々なリボンでやってみるのもいいかも?!

1setのくり返しで構成したリボンレイの場合は、作りたいリボンレイの長さから計算して、1本に使うリボンの長さを算出します。

算出してから次の工程に進まないと、製作の途中で「リボンが足らない😨」となり、もう一度注文をするハメに。
注文の手間と時間が2倍になってしまいます。

 

 

4.材料の調達

20191222hawaii-20

必要な材料を調達します。

平常時であっても日本では、自分の欲しいリボンを欲しい時に手に入れることは、他のもののように簡単とは言えません。お店に行って手にとって、見て、納得して買うことができるのが理想だけど、現実は叶わずです。ないものねだりをしても仕方ありません。オンラインショップや実店舗で購入します。

特に完成させたい日がない場合はいいのですが、完成させたい日時が決まっている場合は、材料の中には注文から届くまでに1ヶ月以上かかるお店もあるので、日数を逆算して工程を組むことが必要になります。

コロナの影響で流通に大きな影響が出ています。
売り切れになっているものもあります。
今はできるだけ早い段階でチェックしてみると安心ですね。

 

ディプロマ取得のために卒業作品を作ろうとしているあなたや、コンテストに挑戦しようと思っているあなたの一助になれば幸いです。

Bloominの生徒さん、アイデアが浮かんできたら、個別の疑問はレッスンの時にでも相談してくださいね。⁎⁺˳✧༚

 

Mahalo!

 

大人のリボンレイ教室 Bloomin
~Hawaiian Ribbon Lei ~

 

           

ハワイアンリボンレイ レッスンについて
詳しく見る レッスン内容

 

リボンレイの基本を習いたい方は
詳しく見る ディプロマ取得コース

 

リボンレイの先生資格について
詳しく見る インストラクターになりたい方

 

今すぐ 予約をする
[ 「本物みたい」と海外の方にも言われたリボンレイができるまで ]ブログ2022/01/23 18:00